【デッキ解説】幻創のミセラサウルス搭載型・恐竜族

31幻創のミセラサウルス搭載型・恐竜族.JPG

【基本的な回し方】

①《ライトロード・アサシン ライデン》《光の援軍》で墓地の恐竜族モンスターの枚数を増やす

②《幻創のミセラサウルス》で各種恐竜族モンスターをリクルートし、臨機応変に戦う

③《ディノインフィニティ》の攻撃力を上げ、フィニッシュ

【各カードの採用理由】

《超古代恐獣》
・各種蘇生カードや《ジュラック・アウロ》がドローソースに変身する
・コンボ要素が強いので、このカードの効果が活用されることは少ない

《妖精伝姫-シラユキ》
・除外ゾーンの恐竜族モンスターの枚数を増やしながら、展開と妨害を行える
・墓地リソースを掃き切ってしまうので、墓地利用手段の多いこのデッキでは発動タイミングに注意

《幻創のミセラサウルス》
・このデッキを構築した理由
・①の効果と②の効果が噛み合っており、シンプルに強力なモンスターとして機能する

《ジュラック・ヴェロー》《ジュラック・グアイバ》
・レベル4『ジュラック』モンスターとして採用
・リクルーターであり、墓地の恐竜族の枚数を増やせる

《ライトロード・アサシン ライデン》《光の援軍》
・墓地肥やし要員

《ディノインフィニティ》
・フィニッシャー
・《幻創のミセラサウルス》の登場で、必要な場面でリクルートできるようになり、超高打点モンスターとして機能する

《ジュラック・アウロ》
・レベル1恐竜族チューナーとして採用
・《真炎の爆発》に対応しており、墓地の『ジュラック』モンスターを次々に蘇生できるようになる

《ワン・フォー・ワン》
・《ジュラック・アウロ》をリクルートする為に採用

《化石調査》
・主に《幻創のミセラサウルス》をサーチする為に採用

《手札抹殺》
・事故を回避し、墓地を肥やしながら、ドロー加速ができる

《真炎の爆発》
・このデッキには《ジュラック・アウロ》しか蘇生できるモンスターが存在しないが、《ジュラック・アウロ》の効果で実質的に他の『ジュラック』モンスターも蘇生できるようになる

《おろかな埋葬》
・主に《幻創のミセラサウルス》を墓地に送る為に採用

《死者蘇生》《リビングデッドの呼び声》
・汎用性の高い蘇生カード

《ツインツイスター》
・このデッキは墓地に送りたいカードが多い為、魔法罠除去カードは《ハーピィの羽根帚》よりも優先される

《氷結界の龍 トリシューラ》
・レベル9シンクロモンスター代表
・《ジュラック・アウロ》+レベル4モンスター2体でシンクロ召喚できる

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》《PSYフレームロード・Ω》
・レベル8シンクロモンスター代表
・《ライトロード・アサシン ライデン》+レベル4モンスターでシンクロ召喚できる

《幻層の守護者アルマデス》《HSRチャンバライダー》
・レベル5シンクロモンスター代表
・《ジュラック・アウロ》+レベル4モンスターでシンクロ召喚できる

《武神姫-アマテラス》
・除外ゾーンの《幻創のミセラサウルス》などを再利用できる

《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》
・一度の効果発動でエクシーズ素材全てを掃き切ることができ、相手モンスターの攻撃力を半減させることができる

《エヴォルカイザー・ラギア》《エヴォルカイザー・ドルカ》
・レベル4恐竜族モンスターデッキの特権

《鳥銃士カステル》《ライトロード・セイント ミネルバ》《励輝士 ヴェルズビュート》《ガガガガンマン》
・ランク4エクシーズモンスターの面々

《森羅の姫芽宮》《ゴーストリック・デュラハン》
・ランク1エクシーズモンスター代表


【まとめ】

想像以上に《幻創のミセラサウルス》は使いやすかった

それと同時に、《幻創のミセラサウルス》の登場で、《ディノインフィニティ》のフィニッシャーとしての立場も確立されたと言えるだろう

妨害札に割く枠はほとんどないが、《妖精伝姫-シラユキ》のお陰でそれなりに耐久力は高い

せっかくの恐竜族デッキということで《超古代恐獣》をもっと使いたかったが、結局あまり役立った記憶がない

リクルーターや【ライトロード】に頼ることなく、恐竜族内で能動的に大量の墓地肥やしができるようになれば、もっと扱いやすいデッキになると思われる

参考動画:【遊戯王ADS】幻創のミセラサウルス搭載型・恐竜族【YGOPRO】
デッキレシピ:【デッキレシピ】幻創のミセラサウルス搭載型・恐竜族


【Twitter】【YouTube】【ニコニコ動画】【Amazon】【駿河屋】【楽天市場】

この記事へのコメント

↓オススメの最新動画!!