【遊戯王】新規テーマ『十二獣』の使用感

【十二獣】の対戦動画を制作するべくデッキを構築し、試行錯誤しながら100戦近く野良で対戦してきました
しかし、それでもろくにリプレイが集まらなかったので、とりあえず現段階の【十二獣】の構築を公開します
今後登場するはずの『申』『酉』『戌』に属する『十二獣』モンスターや『十二獣』魔法罠カードが一通り判明次第、改めてデッキを構築し直し、動画を制作する予定です

十二獣デッキレシピ.JPG

【モンスター20枚】
1《熱血獣王ベアーマン》
2《暗黒のマンティコア》
3《十二獣サラブレード》
3《十二獣ヴァイパー》
1《召喚僧サモンプリースト》
3《十二獣モルモラット》
3《SRベイゴマックス》
1《SRタケトンボーグ》
3《エフェクト・ヴェーラー》

【魔法17枚】
1《貪欲な壺》
3《成金ゴブリン》
1《死者蘇生》
3《ツインツイスター》
3《炎舞-「天枢」》
3《炎舞-「天キ」》
3《ストイック・チャレンジ》

【罠3枚】
1《奈落の落とし穴》
1《底なし落とし穴》
1《狡猾な落とし穴》

【エクストラデッキ15枚】
1《No.62 銀河眼の光子竜皇》
1《熱血指導王ジャイアントレーナー》
1《魁炎星王-ソウコ》
1《フレシアの蟲惑魔》
2《十二獣ブルホーン》
2《十二獣タイグリス》
2《十二獣ドランシア》
2《十二獣ワイルドボウ》
1《幻影騎士団ブレイクソード》
1《M.X-セイバー インヴォーカー》
1《FNo.0 未来皇ホープ》

【現段階の使用感】
《長所》
・手札事故が少ない
 →《十二獣モルモラット》《SRベイゴマックス》《炎舞-「天キ」》の内1枚、又は『十二獣』モンスター1枚と《炎舞-「天枢」》1枚、いずれかで動き始めることができる為、手札事故がほとんど起きない
・先攻後攻どちらでも強く動ける
 →《十二獣モルモラット》を中心とした動きを応用することで、先攻制圧でも後攻ワンキルでも自由自在に立ち振る舞うことができる(ただし手札消費は多くなることがある)
《短所》
・フィニッシャーが少ない
 →あまり高打点モンスターを場に出せないので、【十二獣】と相性が良い《ストイック・チャレンジ》を採用したが、それでも勝負の決め手に欠ける場面が多かった
・エクストラデッキがすぐに枯渇する
 →【十二獣】の性質上、エクストラデッキを数ターンで使い切ってしまう上、《ダイガスタ・エメラル》などを採用できる余裕がない
《まとめ》
・現段階でも海外版ADS野良シングル戦での勝率は6~7割近くあり、非常に強力なテーマだということが分かるが、足りていない点も明白なので、未判明カードに期待しようと思う

~【十二獣】関連のその他の記事~
【判明分まとめ】レイジング・テンペスト
【テーマ考察】十二獣(『レイジング・テンペスト』収録テーマ)
【カード考察】10月8日(土)発売『レイジング・テンペスト』収録の『十二獣』モンスターが一部判明!


【Twitter】【YouTube】【ニコニコ動画】【Amazon】【駿河屋】【楽天市場】

この記事へのコメント

↓オススメの最新動画!!