【カード紹介】海外新規テーマ『Kozmo』来日に向けて【必須カード・対策カード】

intro_01_pc.jpg

『【Kozmo】に採用される可能性があるカード』と『【Kozmo】対策に採用される可能性があるカード』で私が思い付く限りのカードを5枚ずつピックアップしました

【Kozmo】に採用される可能性があるカード

card100024610_1.jpg

《ジュラゲド》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守1300
「ジュラゲド」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手ターンのバトルステップに発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、自分は1000LP回復する。
(2):このカードをリリースし、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その表側表示モンスターの攻撃力を次のターンの終了時まで1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

《理由》
・《Kozmo-ドロッセル》の攻撃力を上げ、その効果の発動を助ける
・【Kozmo】はライフコストを要求するカードが多い為、それらを少しでも軽減する

card100012044_1.jpg

《名推理》
通常魔法(制限カード)
相手プレイヤーはモンスターのレベルを宣言する。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキからカードをめくる。出たモンスターが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地へ送る。違う場合、出たモンスターを特殊召喚し、それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

《理由》
・『Kozmo』モンスターはレベルがバラバラなので、まず当てられることはない

card100020822_1.jpg

《闇の誘惑》
通常魔法
(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

《理由》
・闇属性が多い【Kozmo】の回転エンジンになりうる
・除外したカードは《Kozmo-エメラルドポリス》ですぐに回収できる

card100006530_1.jpg

《緊急テレポート》
速攻魔法(制限カード)
(1):手札・デッキからレベル3以下のサイキック族モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターンのエンドフェイズに除外される。

《理由》
・優秀な効果を持つ下級サイキック族『Kozmo』モンスターをリクルートできる
・状況によって使い分けられる他、バトルフェイズ中に発動できるのも強み

card100021613_1.jpg

《炎王の孤島》
フィールド魔法
「炎王の孤島」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、デッキから「炎王」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。手札の鳥獣族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。
(3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

《理由》
・《テラ・フォーミング》で《Kozmo-エメラルドポリス》と使い分けられる
・【炎王Kozmo】を組む場合は必須で、その破壊効果が機械族『Kozmo』モンスターと相性が良い

【Kozmo】対策に採用される可能性があるカード

card100015531_1.jpg

《サイバー・ドラゴン・コア》
効果モンスター
星2/光属性/機械族/攻 400/守1500
このカードが召喚に成功した時、デッキから「サイバー」または「サイバネティック」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える。また、相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「サイバー・ドラゴン」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。「サイバー・ドラゴン・コア」の効果は1ターンに1度しか使用できない。このカードのカード名は、フィールド上・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。

《理由》
・《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の融合素材にすることで、機械族『Kozmo』モンスターを破壊することなく除去できる
・召喚時に《サイバー・ドラゴン・コア》が除去されても、自身を墓地から除外することで《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚でき、再び《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の融合召喚の準備が整う

card100037009_1.jpg

《システム・ダウン》
通常魔法
1000ライフポイントを払う。相手フィールド上と相手の墓地の機械族モンスターを全てゲームから除外する。

《理由》
・機械族『Kozmo』モンスターを破壊することなく除去できる
・墓地の機械族『Kozmo』モンスターも除外できるので、相手の計画を大きく狂わすこともできる

card100015580_1.jpg

《超融合》
速攻魔法(制限カード)
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。自分・相手フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

《理由》
・機械族が多い『Kozmo』モンスターを素材に《ペアサイクロイド》を融合召喚することで、チェーンを許すことなく、破壊することなく除去できる
・闇属性が多い『Kozmo』モンスターを素材に《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》を融合召喚することで、チェーンを許すことなく、破壊することなく除去できる

card100016016_1.jpg

《王宮の鉄壁》
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いにカードを除外できない。

《理由》
・【Kozmo】はカードを除外する効果やコストを持つカードが多く、それらの発動を妨害できる
・発動タイミングさえ間違えなければ、このカード1枚で【Kozmo】側の動きを完全にストップさせることもできる

card100006211_1.jpg

《キャッシュバック》
カウンター罠
相手がライフポイントを払って発動した効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。

《理由》
・【Kozmo】はライフコストを要求するカードが多く、それらの発動を妨害できる
・昨今流行りの《神の通告》の他、【堕天使】などに対しても有効的に働く

【まとめ】

実際にデッキを組んで使ってみて分かったが、【Kozmo】は非常に難しいデッキである

少なくとも、私のような遊戯王復帰勢が数日間練習した程度でその動きをマスターできるようなものではなかった

また、【Kozmo】と同期の海外新規テーマである【バージェストマ】【壊獣】は、戦い方さえ分かっていれば対策カードが皆無であっても、多少なりとも戦えていた

しかし、【Kozmo】はそうはいかず、プレイングはもちろん重要だが、それ以上にメタカードの存在が大きいと思われた

来日後、【Kozmo】が結果を残すか否かはさておきとして、その対策カードは必須案件だろう

デッキレシピ:【デッキレシピ】Kozmo
デッキ解説:【デッキ解説】Kozmo


【Twitter】【YouTube】【ニコニコ動画】【Amazon】【駿河屋】【楽天市場】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

↓オススメの最新動画!!