【カード紹介】海外新規テーマ『壊獣』来日に向けて【必須カード・対策カード】

CoHlmCfUAAEWvM5.jpg

『【壊獣】に採用される可能性があるカード』と『【壊獣】対策に採用される可能性があるカード』で私が思い付く限りのカードを5枚ずつピックアップしました

【壊獣】に採用される可能性があるカード

card100018513_1.jpg

《N・グラン・モール》
効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻 900/守 300
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。

《理由》
・相手に送り付けた『壊獣』モンスターに攻撃することで、『壊獣』モンスターを使い回すことができる

card100013618_1.jpg

《所有者の刻印》
通常魔法
フィールド上の全てのモンスターのコントロールは、元々の持ち主に戻る。

《理由》
・相手に送り付けた『壊獣』モンスターを取り返すことができる

card100026287_1.jpg

《グレイドル・インパクト》
永続魔法
「グレイドル・インパクト」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドの「グレイドル」カード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。そのカードを破壊する。
(2):自分エンドフェイズにこの効果を発動できる。デッキから「グレイドル」カード1枚を手札に加える。

《理由》
・《グレイドル・インパクト》というよりは『グレイドル』カード全般を指す
・『グレイドル』カードはコントロール奪取の効果が多く、『壊獣』モンスターと相性が良い

card100020826_1.jpg

《強制脱出装置》
通常罠
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

《理由》
・相手に送り付けた『壊獣』モンスターを取り返し、『壊獣』モンスターを使い回すことができる
・妨害札としても役に立つ

card100004397_1.jpg

《洗脳解除》
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、自分と相手のフィールド上に存在する全てのモンスターのコントロールは、元々の持ち主に戻る。

《理由》
・相手に送り付けた『壊獣』モンスターを取り返すことができる

【壊獣】対策に採用される可能性があるカード

card100016231_1.jpg

《サタンクロース》
効果モンスター
星6/光属性/悪魔族/攻1200/守2500
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに守備表示で特殊召喚できる。
(2):このカードがこのカードの(1)の方法で特殊召喚に成功したターンのエンドフェイズに発動できる。この効果を発動したプレイヤーはデッキから1枚ドローする。

《理由》
・【壊獣】には《Gameciel, the Sea Turtle Kaiju(仮)》など制圧力が高いモンスターが存在する為、それらを簡単に処理できる
・《洗脳解除》が存在する場合、相手に送り付けた後、すぐに自分フィールドに帰ってくるので、シンクロやエクシーズの素材にもできる

card100002023_1.jpg

《トラップ・イーター》
チューナー(効果モンスター)
星4/闇属性/悪魔族/攻1900/守1600
このカードは通常召喚できない。相手フィールド上に表側表示で存在する罠カード1枚を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。

《理由》
・《壊獣捕獲大作戦》を破壊することなく処理できる
・【壊獣】は《洗脳解除》《スキルドレイン》などの永続罠を多く採用することもあるので、それらもまとめて処理できる

card1002145_1.jpg

《フォッシル・ダイナ パキケファロ》
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1200/守1300
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚する事ができない。このカードがリバースした時、フィールド上に存在する、特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

《理由》
・『壊獣』モンスターの特殊召喚を封じる

card100034991_1.jpg

《コズミック・サイクロン》
速攻魔法
(1):1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

《理由》
・破壊耐性を持つ《KYOUTOUウォーターフロント》の撤去が目的
・《壊獣捕獲大作戦》を破壊することなく処理することもできる

card100028269_1.jpg

《生贄封じの仮面》
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのプレイヤーはカードをリリースできない。

《理由》
・『壊獣』モンスターによるリリースを封じる
・自分が【帝王】などのアドバンス召喚を多用するデッキを使用していない限り、自分に悪影響は及びにくい

【まとめ】

純構築の【壊獣】やスタンダードな構築の【壊獣】は、相手がモンスターを出してこなければ何もすることができない

よって、相手がモンスターを出してこなくても動けるように構築する必要があり、いかにして相手にモンスターを出させるかが重要になってくる

また、【壊獣】と対戦する場合、ある程度のメタカードで対策は可能だが、どちらかといえばプレイングに気を付ける方が大事である

基本的にモンスターは出さず、ワンキルできる盤面を揃えられるまで動かない、『壊獣』モンスターの出現を防ぐカードと共に制圧系モンスターを置く、など

いずれにせよ、来日後、【壊獣】としてこのデッキが環境に顔を出すことはなくても、制圧系モンスターの処理として優秀なので、サイドデッキに何枚か出張されるかもしれない

デッキレシピ:【デッキレシピ】壊獣
デッキ解説:【デッキ解説】壊獣


【Twitter】【YouTube】【ニコニコ動画】【Amazon】【駿河屋】【楽天市場】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

↓オススメの最新動画!!